かわいいもの大好き!モノづくり大好き!おいしいカフェも大好き! huwacoの気まぐれ手づくりブログです。
→ブログの概要、サイトマップはこちら。
Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by huwaco
 
[スポンサー広告
Yahoo!ブックマークに登録
アナログカメラ3人衆
愛用のカメラのご紹介。

こちらがhuwaco愛用のアナログカメラ3人衆!!

アナログカメラ3人衆

左から順に…

【YASHICA minister】
デジカメでもトイカメラでも一眼レフでもない、
「クラシックカメラ」と呼ばれるカメラです。

YASHICAminister_03

YASHICA ministerは1960年代に製造されていたカメラで、
おじいちゃん世代が使っていた古いもの。

愛知県常滑市にある雑貨&カメラ&カフェ(私の好きなモノだらけ!!)のお店で月1で開催される
「懐古カメラ修理教室」で手に入れました。

その「懐古カメラ修理教室」では、おじいちゃんのタンスで眠っているような
古いカメラを分解して、ボロボロになっているスポンジを取り換えたり、
レンズのカビを吹いてきれいに磨いたりします。

自分できれいにメンテナンスしたカメラだと、
一層愛着がわきますね

【SEAGULL】
「二眼レフ」と呼ばれるカメラです。

その名の通り、レンズが2つ(二眼)ついたカメラで、
下のレンズが撮影用、
上のレンズが確認・調整用です。

SEAGULL_01

普通のカメラは、構図を決める時などは小さい窓(ファインダー)から覗くのですが、
二眼レフはカメラの上部を開けると四角い箱(ファインダー)のようなものができ、

SEAGULL_02

その箱を覗き込んで構図などを決めます。

SEAGULL_viewfinder

上のレンズから入ってくる景色が、カメラの上部の箱の中に映し出されるので、
初めて二眼レフのファインダーを覗き込むときはちょっと感動するんです

【Diana+】
そして、私がアナログカメラにはまったきっかけとなったカメラが、
このDiana+です!!

Diana+_01

「トイカメラ」と呼ばれる、カメラ本体もレンズもほとんど全てがプラスチックでできたカメラ。
プラスチックでできている上、基本的には外国製なので、
“作りがあまい”んです。

Diana+_02

作りがあまいので、光漏れ(カメラの隙間から光が入ってフィルムが感光しちゃうこと)
を起こしたり、色味のバランスがおかしかったり、淡い映りになりやすかったりします。

デジカメに慣れている人だと、出来上がった写真を見て
「ちゃちい!」 とか、 「失敗作!」 とか思われるかもしれませんが、
トイカメラユーザーにとっては、逆にそれがすごく良いんです!!

「レトロな映り」
「味がある」
「思いもよらない奇跡的な映り」
「アーティスティック!!」

ポジティブに写真をとらえて、映りの面白さを楽しむ、
それがトイカメラの醍醐味です
スポンサーサイト
Posted by huwaco
comment:0   trackback:0
[camera
comment
comment posting














 

trackback URL
http://huwaco.blog11.fc2.com/tb.php/5-16155f01
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。