かわいいもの大好き!モノづくり大好き!おいしいカフェも大好き! huwacoの気まぐれ手づくりブログです。
→ブログの概要、サイトマップはこちら。
Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by huwaco
 
[スポンサー広告
Yahoo!ブックマークに登録
女川町と会津若松へ行ってきました。
2011年12月末に宮城県女川町と、福島県会津若松市に行ってきました。

女川町は写真洗浄ボランティアで。
会津若松は観光で。

(そのとき思ったこと、伝えたかったことをつぶやいた自分のTwitterをまとめただけなので、
読みにくかったりわかりにくかったり時間軸がおかしかったりするかもしれません。。
なにとぞご理解くださいませm(_ _)m)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ 2011年12月末 宮城県女川町
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3日間で女川と、会津若松にも行ったので、スリーデーパスがお得でした。
(スリーデーパスは利用できる期間が決まっているようなので、ご利用の際は調べてみてください。
新幹線の特急券は別料金。JR代行バスはスリーデーパスで乗れます。)

スリーデーパス

新幹線で向かい、

せんだい

仙台―(仙石線)→松島海岸―(JR代行バス)→矢本―(仙石線)→石巻―(JR代行バス)→女川

仙台から女川までは3時間くらいかかり、夕方女川に到着。
あたりはすっかり暗くなっていました。


yamoto

松島海岸から矢本へ向かうバスの中、
暗くなり始めた窓の外を眺めながら、
家がポツポツあって、気づきました。

瓦礫はだいぶ片付けられてるけど、ここにもっとたくさんの家があったんだ。

ガードレールがぐにゃぐにゃになってたり、

堤防のコンクリがところどころなかったり、

木がやけに斜めに生えてたり。

ああ、こういうことなんだ。


バスが走っている道路も、一応補修されてるけれど、ガッタガタ。



石巻→女川の代行バスに乗った頃にはすっかり暗くなっていたので、
窓の外はよく見えませんでした。

宿泊先に着いて、見上げた夜空が、
あんまりきれいでびっくりしました。

眼が悪い私の裸眼でも、あんなにたくさんの星がキラッキラはっきり見えるなんて!

今まで、夏に新島で見た星空が一番きれいだと思っていましたが、
全然比べものにならないくらい、女川で見上げた星空はきれいでした。



翌日、
女川総合運動場内 陸上競技場スタンド下 拾得物管理室で、
写真洗浄のお手伝いをしてきました。

・NECO OSS(女川写真洗浄)へ
(↑女川町での写真洗浄詳細)


瓦礫撤去などの際に自衛隊の方などが回収した、津波で流されてしまった写真やトロフィーや位牌など、思い出の品を、
洗ったり泥を払ったりして、きれいにして、持ち主が探せる状態にする。

そういったことを、被災各地で行われていて、
私も、東京や神奈川で、写真洗浄のお手伝いをしています。

最近女川町で人手が足りないと聞き、
震災以来初めて東北に来ました。


昼間、明るい時間に見た、女川行きの代行バスからの景色は…

瓦礫撤去が進み、無数の家の土台だけが一面に広がっていて、
そこにあったはずの家々の痕跡が残っていました。

代行バスの通り道ではないところに、高台の仮設住宅や、
営業を再開した商店があったりするようです。

津波でほとんどの家が流されてしまった地域のすぐ隣に、
ほとんどの家が残っている地域がありました。

津波が通ったか通らなかったかで、大きな違い…。


9:00~16:00まで、1日だけ写真洗浄のお手伝いをして、
仙台のホテルに宿泊。

クリスマス寒波で、雪が降っていました。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■ 2011年12月末 福島県会津若松市
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

翌日、ホテルから仙台駅に向かう途中でたまたま通りかかったマルシェジャポン仙台(サンモール一番町)で、
会津に向かう電車で食べる用に、米粉パンを購入。
・米工房・KAOかのんぱん さんの
「米粉シフォンケーキ紅茶」がふんわり・しっとり・もっちりしてて、すごくおいしかったです!
良い出会い♪


そして、

メリークリスマス寒波☆

ということで、会津は大粒の雪が降っていて、少し積もっていました。

クリスマス寒波


まず向かったのは、前から行ってみたかった
・末廣クラシックカメラ博物館

出発が遅く、夕方ごろ到着したので、館内には誰も居らず、クラシックカメラ博物館をひとり占め!
博物館を管理している末廣酒造さんに、「館内撮影禁止ですよね?」と聞いてみたら、
「いいですよー」と。
それでは、お言葉に甘えて♪



小さくてかわいいカメラ、

シンプルでかっこいいカメラ、

美術品みたいなきれいなカメラ。


うん、やっぱりクラシックカメラ大好きだ!!!!



と、クラシックカメラを堪能したあとは、
末廣酒造さんのカフェ杏(きょう)へ。

こちらのコーヒーには日本酒を作る際の「仕出し水」を使用してるそうです。
窓の外の雪景色を眺めながら、幸せなひととき。



末廣酒造さんは酒蔵の見学もできるそうで、日本酒好きはもちろん。
私みたいに日本酒苦手でも、クラシックカメラ好きやカフェ好きも楽しめる素敵な場所でした☆
・末廣酒造


さて、そろそろ帰ります。




自分用とお土産に、会津の和ろうそくを買いました。
自分用はこのチビふと。




会津若松から郡山に向かう途中、磐越西線の窓を水滴が伝いながら氷っていって、キラキラ窓を飾ってくれました。
メリークリスマス寒波☆(しつこい^^;)





家に帰ってきて、
「なんかいる」カップシリーズに会津の赤べこが加わりました。



(赤べこ湯呑、カエルコーヒーカップ、ムササビと木の実マグ)





スポンサーサイト
Posted by huwaco
comment:0   trackback:0
[other
comment
comment posting














 

trackback URL
http://huwaco.blog11.fc2.com/tb.php/131-3e51f1d9
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。