かわいいもの大好き!モノづくり大好き!おいしいカフェも大好き! huwacoの気まぐれ手づくりブログです。
→ブログの概要、サイトマップはこちら。
Yahoo!ブックマークに登録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by huwaco
 
[スポンサー広告
Yahoo!ブックマークに登録
ギャラリー
日本酒好きな父のコレクション。

309_父のギャラリー




猫好きな母のコレクション。

121_母のギャラリー


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
・父のコレクション
カメラ:SEAGULL
フィルム:Kodak PROTRA 400NC

・母のコレクション
カメラ:SEAGULL
フィルム:Kodak Professional Ektachrome EPP
クロスプロセス現像
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


スポンサーサイト
Posted by huwaco
comment:4   trackback:0
[art

thema:小さな幸せ - genre:ライフ


Yahoo!ブックマークに登録
好きな写真家さん 【市橋織江さん】
雑誌とか、広告とかを見ていて、

「この写真いいなぁ」

と思うと、たいてい同じ人の写真だったりします。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【市橋織江さん】
http://www.ichihashiorie.com/
http://www.kayokosato.com/wordpress/?cat=5
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

どんな作品かは、上記のWebサイトから見てみてください。

淡くて、すごくキレイな写真を撮られる方です。

私が知っている主な作品は…
・「ホノカアボーイ」(映画・ポスター)
・「ポプラ文庫」(広告)
・「valon 1月号」(雑誌)



そのほか、いろいろな雑誌内の記事などでも活躍されています。


私はよくこのブログで
「露出オーバー気味の淡い写真が好き」
と書いているのですが、

市橋さんの写真は本当に私の好みぴったり!!


あんな写真が思い通りに撮れたら
楽しいだろうな。
Posted by huwaco
comment:4   trackback:0
[art
Yahoo!ブックマークに登録
huwacoの原点
タイトルほど重大なものではないのですが、
おそらく、この作品に出会ってなくても、今のhuwacoはできていると思いますが、
でも、多少の影響は受けている気がします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

小学生の頃、姉と一緒に見た実写版「不思議の国のアリス」。

深夜にテレビでやっていたらしく、両親がビデオに録画しておいてくれたのを見ました。
深夜に時間予約で録画したので、両親はそのビデオを見ずに、私たち姉妹に見せたのですが、

予想外に

グロテスク。w



小学生の娘たちに見せる映画じゃないです。
おかげで、私の記憶に強烈に残ってますw

アリスは金髪のかわいい女の子なのですが、
クッキーを食べて小さくなったり大きくなったりするときのアリスは
不気味なお人形さんで、
白いうさぎはぬいぐるみなのですが、
ときどきお腹の縫い目がほつれて、中からオガクズみたいなのがザーッと流れ出てきたり、
それを自分でかき集めてお腹につめて、針と糸で縫ったり。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

去年の話ですが、
ある日、うさぎのピアスにハサミのネックレスを合わせて、
「今日のアクセは『不思議の国のアリス』のうさぎのイメージ」
と友達に話したら、
「え?」って言われました。。

アリスのイメージ

実写版「アリス」のうさぎは、ハサミを持ってるんです!
ずっと実写版「アリス」の影響を受けてることに気づいてませんでした。。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

そんな「アリス」の映画をなぜ思い出したかというと、
昨日読んでいた雑誌にたまたま出てきたんです。

『チェコ映画特集』

特集の一番初めに「チェコを代表するアートアニメ」の巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルの代表作として紹介されてました。
「粘土や人形の実写を組み合わせた独創的な作風や、ブラックでいささかグロテスクな世界が特徴です。」
だそうです。

あれはチェコ映画の代表的な作品だったんですね。

その雑誌の記事によると、チェコ映画は全体的に
チャーミングで、ユーモラスで、ちょっとグロテスクなのが特徴のよう。


確かに、グロかったけど、なんだか気に入ってるのは
そんなチェコ映画の魅力のせいかもしれないですね。

興味のあるかたは是非、ちょっと覚悟してから、見てみてください☆

Posted by huwaco
comment:0   trackback:0
[art

thema:昔の映画 - genre:映画


| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。